不動産持分の専門業者なら相場よりも高値で売却できるケースも

不動産持分の売却は一般的に相場が安い

共有名義不動産の権利の一部を意味する不動産持分は、権利者が自由に売却できるものです。
不動産をまるごと売却となれば全ての権利者の同意が必要になりますが、不動産持分に限れば単独で売ることが可能です
全員の同意を得るには話し合いが必要ですし、交渉をしなくてはいけないので、関係性によってはかなり難易度が高くなります。
顔も合わせたくないという人同士であれば、話し合いにならず交渉どころではなくなるでしょう。
しかし共有名義不動産の権利でその一部の不動産持分なら、嫌な相手と顔を合わせずに売却が実現します。
ただ、不動産のそれも共有名義の一部にあたる不動産持分は、需要が少なくて流通量も限られています。
理由は単独名義の不動産と比べて活用の自由度が低いこと、共有者とのトラブルに巻き込まれるリスクが懸念されることです。
その為、不動産持分の売却が成立しても不動産価格と比べて非常に安く、不動産の売却よりも手元に残るお金が減る可能性が高いです。

不動産持分の売却は専門業者なら相場より高値に期待できる


不動産持分の売却は、自力で買い手を探しても売却価格に期待できませんが、専門業者であれば相場よりも高値で売れる可能性に期待が持てます。
不動産持分の専門業者は、高く売れるノウハウを有していますから、自分で買い手を探すのと比べてかなり期待できます。
結局のところいくらで不動産持分が売却できるかは査定次第ですが、不動産持分の扱いに不慣れな不動産会社を上回る確率は高いと思われます。
そもそも、専門業者は特化型で不動産持分の買取にプライドを持っていますから、相場より高値が提示される可能性に期待が高まるのは当然です。
専門業者は不動産持分の買取だけでなく、仲介で買い手を探してくれる業者もあります。
こちらも不動産持分の扱いに長けていますから、高値に期待して相談することができるでしょう。
仲介業者は買取業者に比べて数が少ないですが、その分安く買い叩かれる恐れが小さく、逆に高値の結果になりやすいと考えられます。

まとめ

不動産持分の売却は、自力で買い手を探すよりも専門業者が狙い目です。
専門業者には買取と仲介がありますが、買取業者はスピーディーに売却を実現してくれる傾向です。
仲介業者はスピードこそ買取業者に劣るものの、足元を見ることなく、親身になって高値売却実現に向けたサポートをしてくれます。
不動産持分の専門業者は、買取業者も仲介業者も色々ですから、電話で問い合わせたり直接訪問するなどして、信頼できる相手かどうか見極めて売却を任せることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。